事業計画書

2018年度事業計画
(2018年4月1日〜2019年3月31日)


2018年度 事業計画
 当協会は、推進工法、推進工事に関する調査・研究を行い、その推進施工技術の向上と、推進技術者の育成を図るため、定款に定める各事業を実施する。

T.調査・研究事業
 技術委員会は、必要な部会を設置し、推進工法、推進工事の技術の改善、向上、工事の設計・積算等に関する調査・研究を実施する
1. 小口径部会は、「推進工法用設計積算要領:小口径管推進工法・高耐荷力管推進工法編」(2018年版)の発刊に向け改訂作業を行う。
2. 低耐荷力部会は、「推進工法用設計積算要領:小口径管推進工法・低耐荷力管推進工法編」(2018年版)の発刊に向け改訂作業を行う。 
3. 鋼製管推進部会は、「推進工法用設計積算要領:鋼製さや管推進工法編」(2018年版)の発刊に向け改訂作業を行う。
4. 損料部会は、「推進工事用機械器具等損料参考資料」(2018年度版)を発刊し、その内容について適用状況を確認するとともに、外部からの質問事項に対応する。また、2019年度改訂版発刊に向け、改定作業を行う。
5. 講座部会は、「推進工法体系:T、U、V」(2016年版)をテキストとして、20188年度講座講習会に講師を派遣する。また、改訂版発刊向け、改訂作業を行う。
6. リスクアセスメント部会(契約適正化部会を改名)は、推進工事におけるリスクアセスメントを実施し、施工トラブルの回避、軽減を図るための「マニュアル」作成作業を行う。
7. 改築推進部会は、「推進工法用設計積算要領:改築推進工法編」(2013年版)の改訂作業を行う。
8. 立坑部会は、「推進工法用設計積算要領:推進工法立坑編」(2011年版)の改訂作業を行うとともに、新たに「既設構造物への直接到達」の設計積算要領の編集作業を行う。
9. 地方公共団体、コンサルタント及び施工業者からの技術的・積算方法などに関する問合せについてアドバイスするとともに、施工トラブル等の発生時に調査や技術的助言を行っていく。

 
技術委員会並びに各部会は、必要に応じ随時開催する。また、日本下水道事業団、(公社)日本下水道協会など関係官公庁、関係団体の技術研修会等に求めに応じ講師を派遣する。
 
 安全対策委員会は、推進工事に伴う労働災害防止に関する調査、安全パトロール、安全講習会等を実施し、推進工事における安全確保、向上に資する。
 また、安全部会は、推進工事における安全確保、向上に資するため、会員が2017年度において施工に携わった推進工事を対象に、労働災害調査を実施し、その結果を解析し、労働災害防止のための留意事項を取りまとめる。また、会員外が実施した推進工事に係る労働災害実態についても適宜情報収集を行い、留意すべき事項について検討する。
U.広報事業
 広報委員会は、協会の広報業務および機関誌の監修、講習会の開催などの事業を通じ、推進工法技術の普及、啓蒙に努める。
  1.「月刊推進技術」の監修委員会員会を「広報関係アドバイザー」委員会に改変し、「月刊推進技術」や国内外の推進工       法に関する広報の進め方について助言を頂く。
  2.2018年度講座講習会を、2018年5月〜6月東京、名古屋、大阪、宇多津、福岡の5会場で開催する。開催計画は
    次のとおりである。


      2018年 5月11日(金) 東 京 飯田橋レインボービル
                5月18日(金) 大 阪  新梅田研修センター
                5月24日(木) 福 岡 福岡県中小企業振興センター
                5月29日(火) 名古屋 名古屋国際会議場
               6月 1日(金) 宇多津 ホテルサンルート瀬戸大橋

  3.2018年度技術講習会を、2018年10月〜11月の間、全国8会場で開催する。
     また、山口県内の推進工法関係機関、企業等を対象にして技術講習会を実施する。
  
4.2018年度推進工法入門講習会を2018年6月〜7月の間、当協会会議室を会場として2回実施する。
  
5.2018年7月に開催される「下水道展’18:北九州」に協賛するとともに、出展する

V.図書発刊事業
  調査・研究事業で得られた成果を取りまとめ、各種「推進工法用設計積算要領」等の技術図書を編纂、発刊する。
 2018年度は、以下の技術図書を発刊する。


     推進工事用機械器具等損料参考資料
     推進工法用設計積算要領
:小口径管推進工法 高耐荷力管推進工法編
      推進工法用設計積算要領:小口径管推進工法 低耐荷力管推進工法編
      推進工法用設計積算要領:鋼製さや管推進工法編


W.資格審査事業
   推進工事技士試験等委員会は、推進工事に携わる技術者について、その適正な技術・技能を審査するため、2018年度推進工事技士試験の一次試験及び二次試験を2018年7月に、札幌、東京、大阪、名古屋、福岡の全国5会場で実施する。
 また、その合格者で実務経験等資格要件を満たす者について、推進工事技士の資格登録を行う。

 2014年度推進工事技士登録者を対象に、登録更新に必要な更新講習を2018年9月〜10月の間、札幌、東京、名古屋、大阪、福岡の全国5会場で実施し、受講者の登録更新を行う。

 更新講習会の計画は次のとおり。
2018年 9月 2日(日)
福 岡 福岡ファッションビル
9月 9日(日) 札 幌 北海道建設会館
9月29日(土) 大 阪 ホテルマイステイズ新大阪コンファレンスセンター
9月30日(日) 大 阪 ホテルマイステイズ新大阪コンファレンスセンター
10月14日(日  名古屋   名古屋国際会議場
10月21日(日) 東 京 シェーンバッハ・サボー(砂防会館)
 地方公共団体等推進工事の発注機関に対し、推進工事技士制度に対する理解を深め、その積極的かつ有効活用を啓蒙、促進するため、諸機会を通じ要請活動に努める。
X.表彰・助成事業
 黒瀬賞表彰選考委員会は、2017年度第29回黒瀬賞受賞者の表彰を行い、2018年度表彰候補者を公募し、その選考を行う。

Y.国際交流事業
 我が国の推進工法技術が採用されているベトナムについては、調査・事業を実施しているコンサルタント及び施工会社と連携を取り、必要に応じて協力支援を行っていく。
 今後、推進技術が期待されるインドネシア等東南アジア諸国については、事業家に向けての調査等について情報収集を行っていくとともに、相手国の事情と推進工法適用の有効性について調査を進めるとともに、適切な情報を発信を通じ的確な普及啓蒙対応策を実施する。
 2018年7月に開催される「’18下水道展:北九州」に合わせ来訪する海外関係者と情報、意見交換等を通じ、推進工法技術に関する最新事項について、情報発信とともに情報収集に努め、国際交流を推進する。また、我が国の推進工法技術に関心を寄せる諸外国に対し、必要な調査、情報発信並びに技術協力を行う。


Z.その他
  協会業務の効率化及び職員合理化に伴う事務所スペースの削減のため、協会事務所を移転する。


協会概要 | 事業概要 | 資格試験 | 講座講習会 | 更講習会 | 技術講習会 | HOME