工法の分類

 推進工法は、呼び径800以上の大中口径管推進工法、呼び径700以下の小口径管推進工法、鋼製管推進工法および改築推進工法に分類される。

 大中口径管推進工法は、切羽が開放状態になっているか否かで、開放型と密閉型に分類され、さらに密閉型には、切羽の安定方法、土砂の搬出方法等によって泥水式推進工法、土圧式推進工法および泥濃式推進工法に分類される。

 小口径管推進工法は、使用する推進管種により高荷力管推進工法、低耐荷力推進工法に分類される。

 鋼製管推進工法は、鋼製さや管推進工法と取付管推進工法に分類される。

  詳細については、当協会の技術資料を参照のこと。

推進工法の分類

大中口径管推進工法
 大中口径管推進工法には、切羽地山が自立している場合に用いられる開放型と、土圧に対抗して掘進するため各種の機能を備えた密閉型がある。また、中押工法を併用することにより推進距離を延ばすことができる。
小口径管推進工法
 小口径管推進工法は、先導体に推進管、または誘導管を接続し、発進立坑から遠隔操作により推進管を埋設する工法である。  使用する推進管種により、高耐荷力推進工法、低耐荷力推進工法の二工法に大別され、さらに掘削および排土方式、管の埋設方法により細分類される。
鋼製管推進工法
 鋼製さや管推進工法は、鋼製さや管を推進し、鋼管内に硬質塩化ビニル管等の本管を敷設する。取付管推進工法は、地上、または地上付近より鋼製さや管を下水管まで推進し、鋼製さや管内の土砂を取り除いた後、下水管をコア抜きして取付管推進用の特殊支管を付けた硬質塩化ビニル管を接続する工法で、呼び径100〜250 を基本とする。
改築推進工法
 改築推進工法は、構造的、または機能的に低下した下水管きょを推進工法により、破砕排除しつつ新管を埋設する工法である。一般的に下水管きょの改築工事は、条件により採用される工法が異なるため、設計・施工条件を考慮して選択しなければならない。





協会概要 | 事業概要 | 資格試験 | 講座講習会 | 更講習会 | 技術講習会 | HOME